I.Cats 一瀬商会
一瀬 尚美

猫のアート&天然石猫のアクセサリー

ギャラリー

ラッキー7

一瀬家の7匹の猫たちがモデルです。イタリアのクリエーニ・スタンバリア美術館「MINERVA [」の図録に2013年1月掲載

猫だよ、全員集合!!
一瀬が14年間に出会った27匹の猫たちの大作F80号油絵は、フランスの書籍「Le Livre desArtistes Contemporains-現代アーティスト名鑑-」に2013年11月掲載。

祝福
花嫁と猫の油絵M40号は、アートボックス社「愛猫美術」に掲載。




私事ですが、2019年2月1日にステージ2の大腸ガンの摘出手術を行いました。
2020月6月12日の定期健診は無事に終わりました。
猫たちと天然石に癒されて、おかげさまで、とても元気になりました。


■ 丸善 丸の内本店 4階
2020年12月16日(水)〜22日(火)
9時〜21時(最終日は17時まで)







今回の一瀬作品は、猫型天然石と12月の誕生石トルコ石を合わせたアクセサリーをお作りました。
目玉作品は、3点限定の水晶招き猫2匹を付けたブレスレットなど3,900円(税込4,290円)です。
また、猫柄マスクと綿レースマスクは大人気です。
一瀬は、毎日、天然石猫のアクセサリーの実演販売行い、皆様のお越しをお待ちしております
■そごう 千葉店 9階 「工藝の蔵」
2020年11月24日(火)〜30日(月)
10時〜20時(最終日は17時まで)


















今回の一瀬作品は、11月の誕生石ブルートパーズを贅沢に合わせたアクセサリーです。
目玉作品は、3点限定の水晶招き猫2匹を付けたブレスレット3,900円(税込4,290円)です。
その他、大人かわいいアクセサリーやレース猫付きレースマスクをお作りしました。
一瀬は、毎日、天然石猫のアクセサリーの実演販売行い、皆様のお越しをお待ちしております。

※一瀬作品の修理をご希望のお客様は、お時間にご余裕を持って、催事にお越しくださいますようにお願いいたします。込み合っている場合は、お日にちがかかる場合がございます。








2019年一瀬家の18匹の猫たち       






長女ララ♀
は、1999年4月29日生まれ。
しっかりもので、表情豊かなおしゃべり猫です。
2才のときに白血病を患った長女ららは、奇跡的に治り、2020年4月29日で21才になりました。


黒猫ポコ♀は、2002年4月ごろ、神奈川県相模原市誕生。
18才の今年、髭が白くなってきました。

フク♀は、2012年4月ごろ誕生。
8才になり、新子猫たちにおされ気味ですが、短い手での高速猫パンチは健在です。
唯一、主人の車の音を聞き分け、主人のお出迎えをする忠猫になりました。
つめを切るときなど、他の猫が私に怒っていると、さっと私のそばに来て、怒っている猫をいさめます。


黒猫ダイヤ&2015年4月1日生まれの5匹の子猫たち












2014年12月6日の夜から、一瀬家のベランダの住人になったダイヤ♀は、2015年3月31日めでたく一瀬家の家族となり、4月1日に5匹の子猫を生みました。 宝石のようにかわいい子猫たちは天然石にちなんで白黒猫ルチル♀、黒猫ルビー♀、黒猫サファイヤ♂、白黒猫マリン♀、白黒猫パール♂と命名。
2016年なり、ヤンママダイヤは、スレンダーボディーからぽっちゃりボディとなりました。ますます丸顔と大きな目のハナに似てきました。
5匹の子猫たちは、ますます個性が出てきました。ジャンプ力があり、スレンダーボディでいつ笑顔のルチル、少しぽっちゃりボディで相変わらず愛らしい無邪気なお返事猫ルビー、スレンダーボディできりっとした瞳のハンサム、立ち姿が美しいサファイア、繊細で女子らしい鳴き声・表情豊かなマリン、好奇心旺盛で常に周りの状況を確認する犬のようなパールは、食欲旺盛でちょっと太り気味で貫禄がでてきました。
 お陰さまで、子猫たちは、2020年4月1日にめでたく5才になります。                          


過去の猫たち
     




2000年9月生まれのハナ♀は、2014年5月7日永眠。
琥珀色の大きな目とビロードのような美しい毛並みの猫でした。
1998年4月生まれのアンナママ♀は、2010年8月11日永眠。
13年間毎日、主人の車の音で帰りを出迎える律儀な猫でした。
2001年4月28日生まれのアニー♀は、2010年8月28日永眠。
マッサージ器に座る主人のお腹を毎日、マッサージする献身的な猫でした。






2001年4月28日生まれのギュウ♀は、2019年1月27日(日)朝6時50分ごろ、突然発作を起こし、17才9ヶ月の生涯を終えました。
その日は、いつものように6時20分ごろ朝ごはんを食べて、主人の首を枕に寝ていました。突然、嘔吐と失禁で倒れて、寝ている主人を起こして、1階にいた私も駆けつけましたが、しばらくすると眠るようにいってしまいました。
ギュウは、ベランダの猫小屋で生まれました。3日目に頭がはれていたので、保護しすぐ動物病院に連れていきました。しかし1つの目のすでにダメでした。小さな身体で大きな1つの目のギュウは、元気いっぱいで、一瀬家一の暴れん坊でした。姉妹の大柄でパンチ力の強いアニーと対等に戦えるのはギュウだけした。今頃は、いつも一緒に寄り添って寝ていたアニーと、天国でやっと逢えたことと思います。

2017年の新子猫たち
2017年4月3日生まれ







好奇心・食欲旺盛な三毛猫のミミ♀はスレンダーボディ
から大柄ボディになり、甘えん坊な白キジのリリ♀はソファーでの添い寝係になり、おとぼけ白キジのトト♀は人徳ならず猫徳な性格でどの猫ともなかよしです。
3匹は、2020年4月3日で3才になりました。


2016年生まれのママクレオ(オチビ)と
2017年5月8日生まれの娘(パトラ)








2019年5月、おとなしいグレーのキジトラ母猫クレオ(オチビ)♀は3才、無邪気なグレーの白キジのパトラ♀は2才、美しいグリーンの目と毛並みの美猫になりました。
10月リビングの猫たちにも慣れ、パトラはリリと少し戦っていますが、一緒に過ごせるようになりました。
1年間外に暮らしていたオチビの食欲は旺盛で、ポンポコお腹になってしまいました。



2017年26日生まれ






おだやかな茶猫のゴウ♂は、ラピスから添い寝係りを伝授されました。
いつも明るく、元気で、じっとしていられません。
好奇心旺盛で人懐っこいレナ♀は、私のお膝が大好きです。
シャイでマイペースなスウ♀は、2階の門番係。何故か1階の姉妹のリリとライバルで、ハイトーンな声でけん制します。



■最愛のラピス





2000年9月6日生まれのラピス♂は、2019年11月21日(木)午後15時30ごろ、老衰にて、19才2ヶ月の生涯をおえました。
猛暑のせいか、9月に入り19才のラピスは、体調を崩し、2.9kgまで体重が下がってしまいました。
栄養食を針のない注射器にて、1日5回に分けて食べさせたり、動物病院にて栄養剤など何度も注射し、食欲増進剤を毎日飲ませて、やっと少し体重が戻りました。
毎日、主人と協力して2人で看病しまたが、11月のそごう千葉店の催事中に最愛のラピスは、ひとりで逝ってしまいました。
11月21日朝、主人はラピスの顔のアップの写真を撮り、猫コタツに寝かせました。
ラピスは、自由に動けないない体の向きを変えて、ちょこりんと顔だけ出して、最後のお見送りをしてくれました。
2000年にラピスは、首に大怪我をして、生まれて一週間で保護し、治療しました。
小さなラピスは、赤のハムスター小屋で育ち、他の兄弟のトト♂・ハナ♀よりも体が小さく、おっとりしていました。
怪我も治り、兄弟たちと一緒にゲージに入れましたが、どうしても運動量の少ないラピスは、兄弟についていけず、1匹になり、風邪を引いてしまいました。
そこで、私が胸の上に乗せ、毛布をかけて、一緒に寝て上げると安心仕切った顔でニッコリ笑っていました。
主人も私もその時のラピスの顔が忘れられません。
それから、ラピスは毎日どんなときも私を見つめて19年間、一緒に寝てきました。
私が仕事中は、ひざの上でエプロンに包まって寝ていました。
常に私のそばにいた添い寝係りのラピスのいない今、毎日夜がさびしい限りです。
知的で、おっとりしていて心の広い、姿の美しい猫でした。
ラピスは、今頃、アンナママ、姪のアニー、姉のハナ、仲の良かった姪のギュウと逢えたことでしょう。

■今後の予定                           
  
        
  
一瀬家のご長寿猫
  
ララは2020年4月29日で21歳になりました。
なんども、病気を克服し、復活する運の良い目力猫です!!

  I.Cats 一瀬商会 一瀬 尚美